2011年08月13日

帰省ラッシュ

今日も朝から暑い日が続いています。

朝は10時頃に起きて、
テレビTBS系列「王様のブランチ」観て、
日本テレビ系列「メレンゲの気持ち」を観て、
家でダラダラ過ごしてます。

家からは一歩も外へ出ていません。

ニュースでは帰省ラッシュの情報を伝えています。
各地の高速道路も新幹線も大混雑でスゴイですね。

特に東北方面はスゴイことになっています。

帰省される方、くれぐれも気をつけてお帰りください。
posted by とも太郎 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

カンブリア宮殿「祭りで"地域"を取り戻せ!」

テレビ東京 村上龍×経済人 カンブリア宮殿
「日本には祭りがある! 祭りで"地域"を取り戻せ!」
観ました。

東日本大震災の影響で、
今年は夏の風物詩である「花火」も「祭り」も次々と中止になっている中で、
東北の祭りは中止せず、
逆に"こんなときだからこそ祭りを開催する"という
執念のようなものが感じられます。

8月の東北では「仙台七夕」や「青森ねぶた祭り」など、
本格的な夏祭りのシーズンとなりました。

「仙台七夕」祭りは大きな七夕をひとつ作るだけでも大変なのに、
それを5つセットで作って、何百という七夕の飾りを
5つセットで商店街に飾り付けをしていくという作業は
本当に大変なことだと思います。

ただ、これまでは何となく祭りを見学していた市民の方が、
今年は地元としてみんなで七夕作りに参加したり、
声を掛けあって祭りを盛り上げようと協力している姿に
地元としての"愛情"を感じました。


福島県相馬地方の「野馬追」祭り
平将門以来、1000年の歴史を数えるという
とても伝統ある「祭り」です。

毎年「祭り」の当日には、
戦国時代の出陣さながらの様相で、
家族一族で同じ旗を掲げて騎馬会の男たちが甲冑をまとい、馬にまたがり、
次々に集結、甲冑競馬や神旗争奪戦を繰り広げる。

家族の協力なしでは決してできない「祭り」です。

しかし、今年は…

原発災害による立ち入り規制で、
相馬地域はバラバラになってしまいました。

そんな中でも、実行委員長の南相馬市の桜井勝延市長は
「縮小してでも開催する」と決断し、町は開催へ向け動き出しました。

津波の被害を受けた甲冑や馬、もちろん家族を失った騎馬会のメンバーいる。

満身創痍の中、野馬追祭りの開催へ向け、執念を燃やす人々の姿…

大地震が起こり、津波が襲い、家族を失っても、
伝統のある「祭り」を行っていく姿に心を打たれました。


特に今年は大震災があったからこその
「祭り」となったのではないかと思います。

いつも通りの祭りが開催できる喜びや感謝のようなものが
テレビの画面を通じて伝わってきました。

このような祭りが継続されていくことで、
地元の方や企業がどんどん参加するようになり、
結果として地域の活性化につながり、
日本全体が元気になっていって欲しいと思います。

posted by とも太郎 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

原発とサーフィン

おはようございます。
今日も朝から天気が良く、暑い日が続いています。

福島第一原子力発電所からの放射性物質の放出について、
連日テレビやニュースなどで大きく取り上げられています。 

各地域でも水不足や、出荷できなくなった肉や野菜の処分など大きな被害が出ています。
風評被害も相当なものでしょう。

福島第一原子力発電所から半径30キロメートルが
相変わらず避難区域になっています。
陸だけでなく海も相当汚染されていることでしょう。

毎年この時期は、毎週のようにサーフィンしていましたが、
今年は海へ行くのは少し我慢したほうが良さそうです。

一日も早く放射能の放出がなくなり、
安心で安全な生活ができるように、
心から祈っています。
posted by とも太郎 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする