2017年09月22日

がっちり!儲かる!「業務用便利グッズ」

週末のビジネステレビ情報!


今週のがっちりマンデーは??


「がっちりマンデー!!」
〜日曜日に勉強! 月曜日から実践!〜

応援日本経済『がっちりマンデー!!』
「経済感覚」を鍛えるお役立ち経済バラエティー。

番組名の由来…
日曜日に勉強して月曜日から「がっちり」儲ける!!
ということで、日曜日が放送なのにマンデーとついています!


(タイトル)
プロが使ってがっちり!
知られざる「業務用便利グッズ」の世界!


(番組概要)
今回のテーマは「業務用便利グッズ」!

プロの、プロによる、プロのための、便利グッズが
「業務用便利グッズ」!

プロのために、
プロが作った便利すぎるグッズがたくさんありました!

プロが考えたスゴすぎるグッズ、
「腕首楽ポン」「水平チェッカー」「デオマジック」って!?

山梨県勝沼町のブドウ農家が大助かり!?

創業100年以上の老舗が造る
「腕首楽ポン」 「楽テール」ってどうやって使う?

イヤ〜な臭いが良い匂いに変わるってどういうこと!?
牧場の牛さんの臭いが、お菓子の匂いに!?

香水の原理を用いた「デオマジック」の効果とは!

その道のプロじゃなくても
使いたくなるかもしれないグッズだらけの30分です!



今週の「がっちりマンデー!!」は「業務用便利グッズ」特集です。

私は便利グッズ大好きなので、
日常の生活が便利になるのであれば、
一般用でも業務用でも大歓迎です♪

業務用に作られたものでも、
日常の生活で使えるものはたくさんあるはずです。

しかも、同じものでもプロが使うために作られたものなので、
利便性も耐久性も通常のものとは格別に良いはず!

きっと仕事の効率もアップすることでしょう!

そんなプロの、プロによる、プロのための、
「業務用便利グッズ」とは一体どのようなものでしょうか?

「業務用便利グッズ」でがっちり!
儲かるヒミツとは??

面白そうです♪

TBS系列 今週末9/24(日) 朝7:30〜。

ぜひ、チェックしてみてください。
posted by とも太郎 at 08:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | がっちりマンデー!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

コメのプロ集団の革新的おいしい米ビジネス!

明日のビジネステレビ情報!


「日経スペシャル カンブリア宮殿」


(タイトル)
回転寿司からユニーク炊飯器まで!
コメのプロ集団の革新的おいしい米ビジネス!


(放送概要)
神明(しんめい) 社長
藤尾 益雄(ふじお みつお)


人気の回転寿司チェーンの運営に、
絶品パックごはんの販売、さらには
10分で炊ける炊飯器の開発まで!

コメに関するビジネスを川上から川下まで
全面展開する異色の企業が、神明(しんめい)。

そもそもは創業115年のコメ卸最大手企業だ。

日本人の主食を守ろうと、とにかくあの手この手で、
保守的だったコメのビジネスに革新を起こしている。

死の淵から蘇った社長のサバイバル革命に迫る。



株式会社 神明(しんめい)はブランド米として知られる
「あかふじ米」を中心に取り扱っており、
米卸業者としては国内トップクラスを誇っています。

また、「あかふじ米」は地元の兵庫県では
小売業などの流通で盛んに販売されています。

日本人と言えば主食はやっぱりお米。
私も一日に一食は必ずご飯を食べています。

最近ではお米の品種も多種多様なものがあり、
炊飯器ではお米の品種ごとに焚き分ける機能もあるくらいです。

特にこの季節からは本格的に収穫が始まり、
来月あたりからは新米も出回ってくる時期です。

新米を焚くと、アツアツのゴハンだけで
何杯でも食べれてしまうくらい美味しいです。

そんなお米にまつわるビジネスを
100年以上も前から行っている老舗企業の
サバイバル革新とは一体どのようなものでしょうか?

お米ビジネスの舞台裏とは??

面白そうです♪

テレビ東京系列 明日9/21(木)22:00〜。

今週の「カンブリア宮殿」は、
お米の老舗企業にしてパイオニア企業の革新の裏側に迫ります。

ぜひ、チェックしてみてください。
posted by とも太郎 at 08:02| 神奈川 | Comment(0) | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

女性起業家が挑む新たなビジネス!

明日のビジネステレビ情報!


「日経スペシャル カンブリア宮殿」


(タイトル)
途上国から世界に誇れるブランドを!
女性起業家が挑む新たなビジネス!


(放送概要)
マザーハウス 社長兼デザイナー
山口 絵理子(やまぐち えりこ)


アジア最貧国と言われるバングラデシュの
天然ジュートやレザーを使ったバッグを中心に、
ストールやジュエリーなどの製造・販売を手掛ける
マザーハウス。

今や国内に22店舗を展開し、
海外にも6店舗を構えている。

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」。

創業11年目を迎えたマザーハウスが掲げる企業理念だ。

学生時代に世界の貧困問題に関心を持ち、
大学卒業後、22歳でアジア最貧国と言われる
バングラデシュに渡った山口。

そこで、貧しい人たちに光を当てようと
現地の労働力を使って世界に通用する一流のバッグ作りを思い立った。

挫折を繰り返しながらも前に進む、女性企業家の奮闘に迫る!



今週の「カンブリア宮殿」は、
発展途上国の労働力を使って一流のバック制作に挑む
女性企業家にスポットを当てています。

バックといえば、
エルメス・シャネル・ヴィトンといった高級バックから、
サマンサタバサ・ミュウミュウなどカジュアルなものまで
すでに幅広くありますが、大きく違うのは
「バックを作ることで貧困問題を解決する」
ということです。

製品の品質やバックのクオリティを一流に保ちながら、
貧困からも脱するような仕組みを作る。

国が違えば、文化も教育もコミュニケーションも
着るものも食べ物も住むところも異なってきますので、
様々な困難や問題もあると思います。

そんな「マザーハウス」の強さの秘密とは
一体どのようなものでしょうか?

途上国から世界に誇れるブランドを!
「バックを作ることで貧困から脱する」舞台裏とは??

面白そうです♪

テレビ東京系列 明日9/14(木)22:00〜。

ぜひ、チェックしてみてください。
posted by とも太郎 at 08:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする