2017年07月05日

食のチカラで驚きの集客を実現!「味の仕掛け人」が打ち出す新戦略。

明日のビジネステレビ情報!


「日経スペシャル カンブリア宮殿」


(タイトル)
食のチカラで驚きの集客を実現!
「味の仕掛け人」が打ち出す新戦略。


(放送概要)
ラパンフーヅ 社長
中道 博(なかみち ひろし)


「遠くても、わざわざ食べに行きたい!」
「あの場所で、あの料理を味わいたい」

全国の客に、そう思わせて驚きの集客を実現してきた
フレンチシェフ・中道博。

客が驚き、感動する料理を武器に、
いくつもの『予約が取れない人気店』を
生み出してきた人物だ。

そんな中道が過疎に悩む自治体と手を組み、
地域の活性化に挑みだした。

しかも、中道の取り組みに感化され、
町の農家やJAの意識も大きく変わったという。

ミシュランの星を合計6つ持つ、
人気フレンチシェフが考えた地域に観光客を呼び込む秘策とは...

「そこでしか味わえない、お金がかかっても行ってみたい」
と思わせる料理の力で、町を活性化させようとする
中道の類い稀な手腕を密着取材した!



今や東京は「美食の街」と言われていて、
国内・海外問わずありとあらゆる美味しいお店が集まってきています。

東京都内であればひと通り美味しいお店がそろっているかと思いきや、
逆に田舎の過疎の町にお店を出して、集客している企業があるようです。

美味しいお店ができて町が活性化できれば一石二鳥ですが、
わざわざ離れた土地へ集客させる手法とは
一体どのようなものでしょうか?

そして、その食材を取り扱う地元の農家やJAや自治体との
連携や協力はどのようなものなのでしょうか?

面白そうです♪

テレビ東京系列 明日7/6(木)22:00〜。

ぜひ、チェックしてみてください。
posted by とも太郎 at 07:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

コメのおいしさ&健康革命!日本の農家を救う発明王

明日のビジネステレビ情報!


「日経スペシャル カンブリア宮殿」


(タイトル)
コメのおいしさ&健康革命!日本の農家を救う発明王


(放送概要)
東洋ライス 代表取締役社長
雜賀 慶二(さいか けいじ)


コメの消費量が年々減少する中、
「おいしさ」と「健康」をウリに、
近年、爆発的にヒットしている新しいコメがある。

その名も「金芽米(きんめまい)」

レストランや病院に次々と採用され、
最近では一般家庭でも愛用者が増えている。

この金芽米を製造しているのが、
和歌山県に本社をおく東洋ライス。

独自の技術を武器に、コメ業界で革新を続けてきた
精米機メーカー・米加工業者だ。

過去には、「開発は絶対に不可能」と言われていた
「コメと小石の選別機」や「無洗米」を世に送り出し、
最近ではコメに「健康」という付加価値を持たせた
ヒット商品を生み出している。

そして、いま新たに「農家を守る」という構想を打ち出した。

果たして東洋ライスが見つめる日本の「コメ」の未来とは。

その全貌に迫る。



いつも食べているお米。
特に、炊きたてのゴハンはホカホカで、
それだけで格別の「美味しさ」があります。

ただ、白米は食べやすい分、
玄米や胚芽米に比べて栄養価が下がるようです。


白米の美味しさを残しつつ、栄養価も高いという「金芽米」。


精米のやり方で「美味しさ」と「健康」を両立しているということですが、
その秘密とは一体どのようなものなのでしょうか?

カラダにいいものは美味しくないイメージがありますが、
美味しく食べて健康になれるなら、
ぜひ食べて健康になりたいですね♪

面白そうです♪

テレビ東京系列 明日6/8(木)22:00〜。

ぜひ、チェックしてみてください。
posted by とも太郎 at 09:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

誰にも負けない小豆で、他にない商品を作れ!

明日のビジネステレビ情報!


「日経スペシャル カンブリア宮殿」


(タイトル)
誰にも負けない小豆で、他にない商品を作れ!


(放送概要)
井村屋グループ 会長
浅田 剛夫(あさだ たけお)


「あずき商品」のデパート!
国民的商品で成長を続ける秘密!

ほのかな甘さとカッチカチの硬さで親しまれる井村屋の「あずきバー」は、
発売から44年が経つ現在も売上げを伸ばし続け、
今や半期で約2億本を販売する国民的ロングセラー商品だ。

井村屋は、おはぎや桜餅、贈答用の水ようかん、
缶に入ったゆであずき、さらに肉まん&あんまん...と、
主力商品の大半が小豆を原料としている
三重県の食品メーカー。

井村屋の強みは、小豆へのこだわりそのもの。

小豆は炊き方ひとつで味が大きく変わるため、
ミリ単位で大きさが同じ豆だけを使い、
炊く作業は今もベテランの手作業で行なっている。

あずきバーの硬さも、そのこだわりが生み出した。

小豆本来が持つ美味しさを味わってもらうため、
アイスでは常識の乳脂肪を入れないため、
柔らかくならないという。

小豆を使った様々な商品開発で、今も成長を続ける...

知られざる井村屋の強さに迫る!



井村屋といえば、
甘さ控えめの「アイスバー」と「肉まん&あんまん」が
パッと頭に浮かんできます。

あつ〜い日に食べるカチカチのアイスバーは
食べた瞬間に爽やかな気分になって、
これからの季節にサイコーですね♪

あのカチカチの美味しさは、
乳脂肪を入れていないところからきているんですね。

いつでも食べられるように
冷凍庫にストックしておきたいものです♪

そんな井村屋の小豆はこだわりにこだわり抜き、
加工の作業にも独自のこだわりがあるようです。

小豆では誰にも負けない井村屋の秘密とは
一体どのようなものでしょうか?

面白そうです♪

テレビ東京系列 明日5/25(木)22:00〜。

ぜひ、チェックしてみてください。
posted by とも太郎 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする